ニュース一覧

ニュース一覧

2016/12/23

大手電子部品メーカー(一部上場)のセカンドキャリア研修を、6年度目をもって終了

2011年から請け負っていた、50歳社員を対象とした「セカンドキャリア」の研修を、12月を以って終えることにした。11月の脳外科への緊急入院と手術を経験したこともあって仕事を半減させたいとの考えから無理を言って引退させていただいたものである。受講者総数はおよそ1000名近くになる。この研修では、私自身も学ぶ点が多かったことに感謝している。

2015/06/01

金属表面処理メーカーとの人事顧問契約を新たに締結

ある知人からの紹介により、大阪府南部の、主にステンレスの表面処理を行うメーカーとの人事顧問契約を締結した。発色性に優れた黒色に関してのオンリーワン技術を持つ同社の採用から教育、人事制度までをフルにサポートしていきたい。

 

2015/05/25

大手電子部品メーカー(一部上場)のセカンドキャリア研修の5年度目がスタート

2001年から受注している大手電子部品メーカーでの、50歳社員を対象としたセカンドキャリアのビジョンづくりを支援する「キャリアマネジメント研修」の5年目も担当させていただくこととなった。事務局からは確かな信頼を寄せていただいているので、これには精一杯お応えしていきたい。

2015/04/01

浴室用給湯器具メーカーの人事顧問契約を更新

昨年4月から契約していた企業様では12月からは従業員様の「悩みの相談室」業務も担当させていただいているが、総務課や人事課がない同社においては私がその代行を果たさせていただいている。そのおかげか、新年度を迎えてさらに1年間の契約更新をしていただくことができた。まさに「人事部長代行」として「助っ人」業務に邁進したい。

2014/05/16

大手電子部品メーカー(一部上場)の「キャリアマネジメント研修」の4年目がスタート

2001年から受注している大手電子部品メーカーでの、50歳社員を対象としたセカンドキャリアのビジョンづくりを支援する「キャリアマネジメント研修」の4年目も担当させていただくこととなった。同社では受講者や経営幹部からの評判もよく、経営環境が厳しきなった中でもこの研修だけは継続されているらしい。従来以上に丁寧な支援をしていきたい。

2014/04/01

浴室用給湯器具メーカーのCSR定着の支援を担当

大阪南部にある企業がCSR(企業の社会的責任)の規定を整備したことに伴い、その定着のための研修会や意識実態調査について先ずは半年契約でお手伝いすることになった。CSRについて主に扱うことは初めてであるが、会社の「従業員に対する責任」という点では、人事管理的にも人道的にも関わりは結構ありそうで、楽しみなテーマである。

2014/03/16

奈良県下の介護施設における人材育成コンサルタントの契約を締結

介護施設に勤務するスタッフの労働条件向上のための厚労省傘下の全国組織である「介護労働安定センター」の奈良支所からの依頼を受けて、「人材育成コンサルタント」の契約を交わした。奈良県下の介護施設をセンター職員と共に訪問して、経営者や施設長と面談しながら人事管理・人材育成上の課題の解決の相談に乗ることを予定している。

2013/05/01

大手電子部品メーカー(一部上場)の「キャリアマネジメント研修」の3年度目を担当

昨年度に続いて本年度も、50歳社員を対象に自己理解を深めることと、定年後のセカンドキャリアのビジョン構築の支援を担当することになりました。今年度も7回、約160名の方々に2日間ずつお会いすることになります。

2012/12/25

国内最大手の農業関連メーカーでの技術社員意識実態調査を終了

6月に受注したメーカーの開発系技術社員の意識実態調査(アンケート調査+全員個別ヒアリング)を10月に完了し、12月にはそのまとめを行って同社に報告した。 この中ではいくつかの人事関連項目の「課題提起と提案」を行い、第2段階の人事関連制度見直しに取りかかることになった。

2012/07/15

大手産業用システムメーカーの課長候補研修に参画

産業用の総合システムメーカーの課長候補研修を3年前から受託している先輩会社の社長からの協力要請に基づき、4年目の今年度から一部の講義と演習を担当させていただくことになった。 技術者が主体の企業なので、大いに先輩社長のお役に立ち、併せて客先企業様の戦力アップに貢献したいものである。

2012/06/01

国内最大手の農業関連メーカーの技術社員活性化を受託

国内第1位、世界第4位の農業関連メーカーで、若手技術社員の早期戦力化とそのための課長クラスのマネジメント力強化を中心として、技術部門の活性化を委託された。 先ずは、実態把握のための意識実態調査と個別ヒアリングから始めて意識改革のための研修を行いつつ、意識実態調査の結果を踏まえて人事制度ほかの各種施策にも取り組む長期プロジェクトとなりそうな予感である。 「技術者人事のプロ」を自認する自分にとって、やりがいは最高潮である。

2012/05/18

電子部品メーカー(一部上場)の「キャリアマネジメント研修」の2年度目を実施

前年度の10回の実績が認められ、2年度目の研修も実施することになりました。今年度も約10回にわたり200名以上の方の自己認識を深めることを通じて、セカンドキャリアのビジョン構築の支援をさせていただくことになりました。

2011/10/02

食品メーカー(創業64年)の人事評価制度の再構築に着手

様々な施策は打っているが何となく「踊り場」的な状態にあると感じている会社を名実ともに「明るい職場」にすべく、まずは人事評価制度の再構築から着手して順次他の人事制度や施策や基準の見直しまで展開予定。

2011/07/29

電子部品メーカー(一部上場)での「キャリアマネジメント研修」開始

 
50才の社員全員を対象にした2日間のコースです。毎月1~2回程度の開催で、講義だけでなく演習や個人別カウンセリングも実施するのが特徴です。2011年度は200名余りの受講者を迎えました。2012年度も関係会社などに対象を拡大しながら、引き続き実施させていただく見込みです。

2011/07/15

ホームページを開設

 
念願のホームページが開設できました。
このホームページの中で「総合会社案内」(2ページ)を取り出せますので、必要な場合はご自由にプリントアウトしてご利用ください。

2011/03/11

ポンプメーカーにて、管理職向けの「メンタルヘルスの基本」研修を実施

 
あるポンプメーカーさんで管理職対象の「メンタルヘルスの基本」に関する研修を企画し実施しました。この会社ではまだメンタルヘルス不調の社員は発生していませんが、メンタルヘルスの相談窓口を設けただけではなく、将来に備えて管理職の一人ひとりにその予防と万が一発生した場合の心構えなどを知っておいてもらいたいとの依頼を受けて実施したものです。
メンタルヘルスは私の専門領域ではありませんが、今や管理職にとっての必須マターとなっているためその観点からお引き受けしました。ここでも健康保険組合勤務時代に全社の「健康づくり事業」の事務局長を担当させていただいたことが役に立ったようです。

2011/02/01

「キャリアカウンセラー資格(CDA)」(JCDA協会認定)を取得

 
キャリアカウンセラー資格の認定団体はいくつかありますが、私が取得したのは中でも一番多数のカウンセラーを輩出しているJCDA(日本キャリア開発協会)の認定です。
60才を過ぎてからの1次試験、2次試験はちょっと辛かったですが、その時の通学コースのクラスメイト(20代から50代まで、全員が年下)とは今でも情報交流と勉強会を続けています。
・会員番号 CDA139709

   ■JCDA(日本キャリア開発協会)ホームページ http://www.j-cda.jp/index.php

2010/09/22

私立大学で「キャリアデザイン論」の非常勤講師を担当

 
大阪の私立大学にて、4年間にわたる同大学のキャリア教育体系の中の1年生後期に開講される「キャリアデザイン論」(全13回)において、1200名の学生を4名で分担して講師を担当しました。

2010/06/01

「EQプロファイラー資格」(EQGA公認)を取得

 
ハーバード出身の心理学者ダニエル・ゴールマンによって体系化され、96年に「EQ心の知能指数」としてまとめられて全米でベストセラーとなり日本にも紹介されたEQ(心の知能指数とも呼ばれる)については10数年前から関心を持っていました。
「プロファイラー」というのは、EQテストの結果をわかりやすく読み解いてご本人に解説し、EQ能力の開発についてのアドバイスをする役割を果たします。
・認定番号 EQP-0569

    ■EQGA(EQグローバルアライアンス)のホームページ http://eq.armg.jp/

2010/03/23

大手機械メーカー(一部上場)で、新任管理職向けの研修を実施

 
京都の大手機械メーカーにて、新任管理職向けの研修を実施。内容は、管理職の心構えの講義のほか、事前の「マネジメント力診断」に基づく望ましいマネジメントのあり方、適切な動機づけとコミュニケーションのあり方、などでした。

2009/12/21

大手特殊法人で幹部職員研修会の講演を実施

 
全国規模の医療関連の法人での、収入減少に伴う赤字解消のための危機感醸成を目的とした、幹部職員80名に対する研修会を実施。2時間の講演テーマは「企業として生き残るには」でした。

2009/11/15

マーケティング・コンサルタント会社にて、階層別の能力開発業務を実施

大阪の中堅マーケティング・コンサルタント会社において、1年半にわたって次のような組織活性化策を企画して実施しました。

①中堅コンサルタントに対する「ビジネス基礎力」診断とこれに基づく能力向上のための研修、「自己開発計画」の作成支援、個人カウンセリング
②若手コンサルタントに対する「社会人基礎力」診断とこれに基づく能力向上のための研修、早期戦力化のための「自己開発計画書」の作成支援、個人カウンセリング
③経営トップに対する「人的マネジメント力」の重要性の指導と、自己の強み弱みへの気づきのためのカウンセリング、「自己開発計画書」の作成支援

2009/11/01

封筒メーカーから長期の人事顧問契約を受託

大阪の中堅封筒メーカーから長期の人事顧問契約を受託しました。この企業とは毎月1~2回程度の打ち合わせを行いながら、人事管理上の様々な課題解決と新規事業分野でのキャリア採用などの支援を行っています。
これまでの大きなテーマとしては、「人事評価制度の再構築」とこれに伴う評価実施前の評価者研修・フィードバック面談の指導、評価実施後の考課調整会議の運営・指導や、人事制度を中心とした項目についての「従業員意識実態調査」などを実施してきました。
今後も、企業風土の強化のための様々な施策を経営層と一体となって進めて行きます。

2009/10/01

株式会社北村人事コンサルティングを設立

大企業37年、中小企業3年の経験を活かして、中堅・中小企業の人事担当者・人事責任者・経営者の方々のお役に立てる仕事がしたいと考え、独立起業しました。

お手本と目標は、同業であり1年半先に起業された先輩の ㈱岩崎人事コンサルティング様です。
http://iwasaki-jinji.com/